--
--
スポンサーサイト
written by あもい * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07
10
腱鞘炎に成ったよの話
written by あもい * 徒然と漫然と * edit * CM:0 *
2013 腱鞘炎といえば漫画家の3大職業病のひとつ(あとは腰痛とか疲れ目とか?)ではありますが、普通手首とか肘とかなんだよなー…てなわけで私の今回の腱鞘炎は親指です。拇指です。何でこんなところを…
どうもわたしは微妙に鉛筆、ペン軸の持ち方が違うっぽいです。見た感じはかなり普通だと思うんだが、親指への負担が大きいらしくて、もともと握り込みがきつくて面相筆の竹軸とかよくへし折ってしまってたからね。筆圧は強くないので筆先やペン先に神経を集中するために軸部分にものすごい圧力がかかってたのかもしれませんなーペン先とかいつもものすごい音が出てるって言われてたし。ペン入れの音には絶対に聞こえないとか。…という力技気味の作業の要が親指だったわけですよ。
で、漫画描く作業のいろんな場面で痛みが発生しております。幸い今はアナログ作業部分がかなり減ってるんで、デジタル作業でのペンタブ作画では少し痛みも楽なんで、腱鞘炎が出てから更にデジタル化が進んでいくかもしれないなー。一番つらい作業は絵を描くほうじゃなくてネームを原稿に移す作業だったりして。
でもって漫画作業意外でもいろんな場面で痛かったりもするが、皿を運んでたりカップを運んでたり…多分いろんな場面で何もかもを片手で済ませようとして力技を発動してるのが悪いんだろうなー。もうちょっと丁寧に生きろってことか!?

今は作業中はテーピング、一休みの度にクーリングとかでなんとか悪化もさせずに仕事しております。完治することは…廃業でもしないと無いな!w
comment

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

日記という名の雑記
日記だったり、雑記だったり。 覚書だったり、失言もありだったり。
Copyright 2007 日記という名の雑記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。