--
--
スポンサーサイト
written by あもい * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06
25
映画とか読書とか
written by あもい * オタの戯言 * edit * CM:0 *
2009

休み中。趣味を作るのだ!とか言ってたのに、編み物のチャレンジは放り出して、友人から大量に小説を貸してもらったので読みまくってました。アニメは全部見たけど原作未読だった「図書館戦争」とその前のシリーズとか。面白かったよ。しかし、勝手に思ってたジャンルとまったく違ってたのがびっくりだったです。アクション寄りの国産SFだと思ってたです。実際には発行ジャンルはラノベ(ハードカバーだけど)でもってその実は少女小説だよ…。すごかった。べた甘で。ベタベタ甘で!!まぁキャラがすごく立ってるのでどんだけベタ甘でもストーリーも面白く読めるし、人気あるの納得だー。ただ「図書ー」の別冊はやっぱり無かったほうがいいんじゃないかって気もした。なんか同人?みたいな。ストーリーが完結したあとだから世界観自体が本編と微妙にずれてたからかなー。まぁ大人の事情が見えるのが気になったってトコロかと。でも本編はホントに面白かったです。アニメは本編3巻までなので、4巻までの原作を読むと、作品を完結させるということはやはりここまではやらなきゃダメだよねー!とすごく納得のいく話だったです。アニメの方の落としどころもアレしかないだろうなと思えたけど、ある意味最近多い、キャラ同士のお話は完成してるけど。設定は設定のまま変わらないよー、というドラマツルギーだったのに対して、原作は設定にもちゃんと完結、完成が与えられてるのがすごくうれしかったです。(まぁその分別冊に違和感を持ってしまったんだろうと思います)
ちなみに「図書ー」前の3作ではキャラなら「海の底」ストーリーなら「空の中」が好きだ。「塩の街」はある意味論外な部分が。(個人的にいやだと思う要素が三つもあったんで?すみません)

そんで昨日は映画も見てきました。久しぶりに映画館です。当然というかなんというか題目は「トランスフォーマーリベンジ」です!ははは!当然ね。
いやー面白かった!1の時より楽しんだ!手までたたいて大笑いするところも何度も。1の時はどういう見方をするべきか最初のほう理解できてなかったからか、今回はわかってたぶん最初っからものすごく楽しめた!いや、実は見に行った映画館(新宿のシネコンの宣伝フィルムがめっちゃつぼに嵌って、映画が始まる前から笑う準備が出来てたせいもあるかもしれないんだが。
皆さん。トランスフォーマーを見るときは「中学生男子」の心で見るべきだと思うよ!中学生男子の心を持ったままの中学生とか高校生とか大学生とか中年とかエロ漫画家とかで!アホなネタが山ほどあります。でもって肉弾戦。メカものなのに手やら足やら腹やらに力が入ってたまらんよ。筋肉痛になりかねないほど。あー楽しかった!でもってもともとからのトランスフォーマーファンには単語を聞いただけで涙腺が緩むアイテム…もうやばいです。
今日はまたアニメ劇場版を引っ張り出します。

comment

comment writing












 管理者にだけ表示を許可する?

日記という名の雑記
日記だったり、雑記だったり。 覚書だったり、失言もありだったり。
Copyright 2007 日記という名の雑記 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。